本文へスキップ

第13回『このミステリーがすごい!』大賞、優秀賞を受賞。神家正成のウェブサイトです。

『深山の桜』、『七四』おまけ掌編プレゼント中です!

サイトマップ

日々雑記BLOG

過去の日記

 新人賞を受賞してデビューした半熟新米作家が、本物の作家になるために悪戦苦闘する日々の呟きです。Twitterのまとめも多いです。

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月

2017年4月の日記

2017年04月03日  北野たつみさんの『七四』イラスト
2017年04月26日  深夜の呟き
2017年04月29日  先輩作家の温かい励ましの言葉

2017年4月3日  北野たつみさんの『七四』イラスト

 北野たつみさんが『七四』のイラストを書いてくださり、嬉しくて呟きました。

 先日の光文三賞授賞式でじっくりとお話をさせていただいた北野たつみさんが、『七四』のキャラクタースケッチを書いてくださいました。とても嬉しいです!
 私は物語を書く時、キャラの外見はあまり想像しないで書くタイプなので、とても嬉しく、刺激的です。植木のコーヒーカップがお気に入り(笑)!
twitter.com/tatsumi_writing/status/
 ※今は見られないようです……。

2017年4月26日  深夜の呟き

 慌ただしく日々を過ごし言い訳の如く呟きました。

 旅立つ者よりも、送り出す側の哀しみのが、深い――と切実に感じています。
大学受験の結果、娘が一人暮らしを始めました。想定外の事態に3月中旬から今までの記憶が曖昧なほど、忙しくも切ない日々を過ごしてきました。年度末と新年度の会社の忙しさも重なり、呟く時間も気力もない状態でした……。

 下宿探し、契約、引っ越しなど、記念すべき入学式の娘の晴れ姿の写真を撮り忘れるほど、忙殺の日々。引っ越しの荷物を取りに深夜、家に戻り、娘のいなくなった部屋を呆然と見つめていると、18年間の想い出があふれこぼれ、深いため息を何度もつきました。娘の旅立ちはもう少し先と思っていました……

 人生は思いがけないものですね。出会いや別れには意味があるとは思うのですが、思考ではなく感情が逆巻き、気持ちを整理できぬまま、いつの間にか桜の季節は過ぎ、娘の生まれた新緑のさつきが迫っています。子離れできぬ親のままでは情けないと思いつつ、今しばらくはため息が尽きぬ日々となりそうです

 そんな状況ですので、情けないことに執筆はまったく進んでおりません。焦り、はやる気持ちだけが、どんどん勝手に膨らんでいき、限界まで膨張した風船のように破裂寸前です。関係者の方にはご迷惑をお掛けしてしまっており大変申し訳ございません。連休を契機に立て直しますので、しばしお待ちください

 昨年末から会社員としての仕事が急激に忙しくなり、そこに加えて娘の大学受験と想定外の一人暮らし……。すべての時間を真の本業と思っている創作活動に当てたいのですが、生活のこともありうまくはいきませぬ。ここが正念場と思いつつも、嵐の中の小舟のように目の前の事態に対処するだけで精一杯です

 基本、自分は非常に楽観的で、人生なんとかなるさ、といつも思っているのですが、ここ数か月の重みに堪えかねず、少し挫けていました。
 そうは言っても、呟く気力もなかった状況からは前進していると思います(笑)。ケ・セラ・セラ。なんくるないさ~。何とかなると思います。ぼちぼち頑張りますよ!

 正念場です。頑張ります!

2017年4月29日  先輩作家の温かい励ましの言葉

 先輩作家の呟きが嬉しくて呟きました。

『闇に香る嘘』で鮮烈なデビューを飾られた下村敦史さんに、拙作『深山の桜』をご紹介いただきました。まことにありがとうございます!
精力的に新作を発表される下村さんに続いていけるよう、私も頑張ります!

 操觚の会の先輩作家であられる荒山徹さんと天野純希さんも『深山の桜』を読んで、呟いてくださいました。ありがとうございます!

 自分の作品に関して呟いていただけるのはとても嬉しいです。
 誠に申し訳ないのですが、基本的に私は拝読した作品に関しては、諸事情により、呟くのを自制しております。お目にかかったときに直接感想はお伝えしております!

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月