本文へスキップ

第13回『このミステリーがすごい!』大賞、優秀賞を受賞した神家正成のウェブサイトです。

各作品のおまけ掌編プレゼント中です!

サイトマップ

日々雑記BLOG

過去の日記

 新人賞を受賞してデビューした半熟新米作家が、本物の作家になるために悪戦苦闘する日々の呟きです。TwitterFacebookのまとめも多いです。

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月

2018年11月の日記

01日 『嶋子とさくらの姫』のご案内
02日 小説タイトル
03日 「青い空」 #記念日にショートショート
05日 切実なお願い
12日 Kスナイパー
15日 すくい上げる作家になりたい
16日 歴史時代小説 執筆の基本的立場
17日 ジェントルメン中村さん
18日 小栗さくらさんのインタビュー
19日 We like HANG TEN
20日 だから、宇宙部隊に入ったんだ
23日 泣き言
27日 師走の足音
29日 同期の降田天さん3作目


2018年11月1日  『嶋子とさくらの姫』のご案内

 操觚の会と栃木県さくら市がコラボして生まれた、関東戦国時代の2人の姫の物語『嶋子とさくらの姫』序章と第一章を、さくら市のウェブサイトにて無料公開中です!

 連作短編です。第一章「秋の扇」は、秀吉の大軍の前に、夫が城を捨てて逃げ、大ピンチの嶋子の物語です。


『嶋子とさくらの姫』「秋の扇」紹介、司馬さん風

 今や秀吉は、関東の全土を手中にしようとしていた。
 ただ、
 ここで、逃げる者が現れた。
 下野国の大蔵ヶ崎城城主、塩谷惟久である。
 城に妻の嶋子を残して、
「俺は逃げる」
 と、いったと伝わっている。
 余談だが、この嶋子というのは小弓公方の血を引く妙齢の美女と――。

 なぜ逃げたのか――その謎を追うミステリーな歴史時代小説です。
 戦国最弱大名の天庵(小田氏治)を始め、秀吉、政宗、三成なども登場します。

 お陰様でさくら市の皆様には、花塚市長を始め、「面白い」と言っていただき、好評です!
 noteには執筆の経緯を書いております。よろしければこちらもご覧ください。


2018年11月2日  小説タイトル

 小説タイトル、私の場合。

『深山の桜』

 応募作でしたが、何も言われず(『このミス』大賞受賞作は、ほぼ変更されます)、そのまま刊行。このタイトルしかないと思っていました。
 ちなみに

 あれを見よ 深山の桜 咲きにけり 真心尽くせ 人知らずとも

 という詠み人知らずの短歌から取っています。

 単行本が売れず、文庫化の際、タイトル変更されそうになりました(笑)。

『七四』ナナヨン

 執筆時は『ひとひらの桜』でした。桜シリーズでいこうと思いましたが、担当さんとかなり話し合い、強いタイトルということで『七四』に。
 既に横山秀夫さんの『64(ロクヨン)』があったので悩みました……。

 決してパクリではありませんよ(笑)!

 そして現在執筆中の植木シリーズ3作目の仮タイトルは『桜と日章』
 桜――自衛隊 vs.警察――日章の物語です。

 来春刊行予定の第二次世界大戦物の『白球と特攻』は、これから改稿してタイトルも再考する予定です。今のタイトルも気に入ってるんですけどね……。


2018年11月3日
  「青い空」 #記念日にショートショート

 文化の日の「#記念日にショートショートを」SS0019
「青い空」を、皆様へ日頃の感謝の想いを込めて公開します!

 気に入っていただけたのなら拡散や、ご感想をいただけると喜びます!

 今回はアイデアが浮かばず、かなり苦しみました……。

 読書メーターにも登録済みです。


 今回は、ハロウィンの時と違い、すんなりとアイデアが出てこなく、ちょっと内容が苦しいかもしれません。
 必然性の部分が薄いかなあ……と個人的には感じています。SSは難しい!

 入間航空祭は毎年、文化の日に行われるので、そこから発想を巡らせました。あの兄弟にもご協力をいただきました(笑)。

 次の「#記念日にショートショートを」は区切りの20作目!
 23日の勤労感謝の日の予定ですが、その前にも余裕があれば挑戦しますよ!

 今までのものはこちらにまとめています。

 読書メータにご感想をくださると嬉しいです(読んでいます。笑)!

 ※クリックで高画質画像が開きます。

「青い空」 #記念日にショートショートを


2018年11月5日
  切実なお願い

 作家というのは業が深い生き物でして……。
 作品を書いただけでは満足できず、読んでほしいと、こいねがうものなのです。

 作家が書いた物語は、誰かに読まれた時に、完結するのです。

 何が言いたいかっていうと『嶋子とさくらの姫』無料公開中、読んでくだされ! という切実なお願いです(笑)!


2018年11月12日
  Kスナイパー

 娘の成人式のドレスを買いに来て、ふと思い立ち、屋上を調べ、「よしっ、イオン柏から柏駅付近まで狙撃は可能だ……」とほくそ笑むアカウントがこちらです(笑)。

 ちなみに約1.42km。Kスナイパーなら可能ですね。

『桜と日章』(仮)の展開に詰まっていましたが、歩くといいアイデアが浮かびますね!

Kスナイパー


2018年11月15日
  すくい上げる作家になりたい

 吉川英梨さんの一連のツイート、犯人が早く捕まることを心より祈っております……。

 こういう人の想いを、零すことなく丁寧にすくい上げ、綴れる作家になりたいです……!


2018年11月16日
  歴史時代小説 執筆の基本的立場

 私の歴史時代小説を書く際の基本的立場も、伊東さんと同じです。
というか現代物も基本的事実を元に執筆しています。『深山の桜』や『七四』でもキャラクターや事件以外は、組織、装備、天気、舞台など実際のものです。

『嶋子とさくらの姫』も、ぎりぎりの線を攻めてます!


2018年11月17日  ジェントルメン中村さん

 ジェントルメン中村さんの『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ』が、むちゃくちゃ面白いです!
『セレベスト織田信長』も大好きなのですが、出版界の漫画ということで、こちらはさらに面白い!
 私も白柳紀乃子さんに担当された――いや女傑(アマゾネス)才堂厚子編集長に認められたいっす(笑)!

 昔、『このミス』大賞先輩作家の深町秋生さんのリツイートで知った『セレベスト織田信長』も面白いですが(ルビがはまって癖になります。笑)、こちらの『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ』もさらに面白いです!
 最新9話と過去作を一挙、公開中とのことです!
 豪談社(講談社)太っ腹(笑)!


2018年11月18日
  小栗さくらさんのインタビュー

 足利家28代当主である足利義弘氏に、歴史タレントの小栗さくらさんがインタビューされた記事が、ご当地歴史メディア・ユカリノで公開されています!

 記事中で、操觚の会とさくら市のコラボ歴史時代小説『嶋子とさくらの姫』について触れていただきました!

 作品は下記リンク先で無料公開中です。まだの方はぜひ!


2018年11月19日
  We like HANG TEN

 冬の執筆のお供「はんてん」を、いよいよ出しました。これで冬の寒さに勝てます(笑)!
『深山の桜』も『七四』も、このはんてんで書きました。

 はんてんを出すたびに「We like We like HANG TEN~」と口ずさんでしまう私は、紛うことなき陽気な仲間のおっさんっす(笑)!

はんてん


2018年11月20日
  だから、宇宙部隊に入ったんだ

 自衛隊が宇宙部隊を創設するニュースを見て呟きました。

 子供の頃は航空自衛隊のパイロットになりたかった。
  ――でも、学校を卒業する2か月前、そんなものにはなれないってことを、成績表が教えてくれた。 だから、宇宙部隊に入ったんだ。

 ってこれからの学生は言えるのですね。うらやましい(笑)!


2018年11月23日
  泣き言

 昨日から調子が悪く寝込んでおります。勤労感謝の日「#記念日にショートショートを」を楽しみにされている方々には申し訳ございませんが、頭が回らず、公開は難しそうです……。
 まことに申し訳ございません。
 というか、もろもろの原稿が(泣)……。

 治ってご返信。

 お声掛けいただいた皆様、まことにありがとうございました!
 お蔭様で少し落ち着きました。

 いろいろと精神的に根を詰めすぎなのだと思います。
 なんくるないさーの気持ちで、ぼちぼちと頑張ってまいります!


2018年11月27日
  師走の足音

 もうすぐ師走ですね……。
 時の過ぎるのは速いものです。
 我が家の玄関は一足早くクリスマスに模様替えしました。これを見に帰ってきてもいいのよ、我が娘よ(笑)!

 今年も(泣)単著を出せず忸怩たる一年でしたが、残りのひと月、来年に向けて黙々と仕込んでおります。
 来年は勝負の年、頑張ります!

 もう人の重版におめでとうを言うだけの人生は疲れたのよ(笑)!

 来年は5冊は出します!
 たぶん出せると思う。
 出せるんじゃないかな。
 ま、ちょっと覚悟はしておけ(笑)……。

クリスマス

クリスマス


2018年11月29日
  同期の降田天さん3作目

『このミステリーがすごい!』大賞の第13回の同期、降田天さんの満を持しての3作目、これはとても面白そうです!
 個人的には降田さんの書く戦前戦中がどんな感じなのか、大変楽しみです!

 私も満を持しての(侍しすぎて大変なことに……笑)3作目を、来年初頭にはお届けできるよう頑張っております!

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月