本文へスキップ

第13回『このミステリーがすごい!』大賞、優秀賞を受賞した神家正成のウェブサイトです。

各作品のおまけ掌編プレゼント中です!

サイトマップ

日々雑記BLOG

過去の日記

 新人賞を受賞してデビューした半熟作家が、本物の作家になるために悪戦苦闘する日々の呟きです。TwitterFacebookのまとめも多いです。

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月

2019年8月の日記

02日 『赤い白球』おまけ掌編完成!
03日 ヒストリエ11巻
04日 『赤い白球』書評 ダ・ヴィンチニュース
07日 『赤い白球』書評 朝雲新聞
11日 山の日 上を向いて
15日 終戦の日よ永遠に
19日 『赤い白球』書評 ランティエ
23日 夏の終わりの花火
24日 Twitter登録5周年
27日 第18回『このミス』大賞の2次選考
29日 いひひ
31日 アイデアの神様とテーマソング

2019年8月2日  『赤い白球』おまけ掌編完成!


『赤い白球』の「おまけ掌編」がようやく完成いたしました!

 読後にもう一度、物語の余韻を楽しめる以下3編の掌編です。

「救いの大雨」(既に公開中のSS0026です)
「北の星」
「七月一日の朝日」

 メールで送ります(PDFファイルです)。
 ご希望の方は、こちらからご連絡ください!

 好評発売中の植木シリーズ3作も全ておまけ掌編がございますので、まだの方はぜひご連絡を!

 デビューする際に書店での販売促進のお手伝いとして、おまけ掌編を作り始めました。
『七四』までは印刷して配っておりましたが、ちと大変だったので『桜と日章』からはPDFファイルでのご提供に変えました。


 元々スピンオフなどの物語が大好きなので、自作でも挑戦しました。

 もしかすると蛇足かもしれませんが、書いていて大変楽しいです!

『赤い白球』では、個人的にお気に入りである畠山軍曹のガダルカナル島での話を書くつもりだったのですが、掌編には収まりきらず、断念しました。
 いつか公表したいです!

2019年8月3日  ヒストリエ11巻


 待望の岩明均さんのヒストリエ11巻を手に入れる。
 まずは10巻のおさらい。
 10巻→11巻と読む。

 おもしれえ!

 1巻から再度、読んでしまう。

 やっぱりおもしれえ!

 奴隷身分に落とされカルディアを去るシーンとボアの村を去るシーンは、何度読んでも涙が……。

 問題は、自分の原稿が進まないこと!

ヒストリエ

2019年8月4日  『赤い白球』書評 ダ・ヴィンチニュース


 ダ・ヴィンチニュースで『赤い白球』を取り上げていただきました!
 記事はこちらから読めます。

 ダ・ヴィンチに取り上げられるのは、作家生活5年目にして初めてです。

「クライマックスの衝撃的な展開は驚きと感動を呼び起こすだろう」

 ミステリーとしても実は趣向を凝らしております。
 ぜひ、ご一読を!


 悩みながら書いた野球シーンや空戦アクションをほめていただき、ほっとしております。

 野球漫画や小説の主人公はピッチャーが多いですが、『赤い白球』の朴はセカンドで一番、吉永はショートで二番のパクヨシコンビです。
 モデルは中日ドラゴンズのアライバコンビ!

 実は最後の最後の伏線なのです!


『赤い白球』は高校野球と朝鮮人特攻隊をテーマにしておりますが、右や左のイデオロギーなどは極力書いていないつもりです。これは植木シリーズでも同じです。

 特殊な世界に生きる普遍的な人の想いを、愚直に綴りました。

 日韓関係がゴタゴタしている今だからこそ、多くの方に読んでほしい物語です!


2019年8月7日  『赤い白球』書評 朝雲新聞


 安保や防衛問題の専門誌『朝雲』新聞で『赤い白球』を紹介していただきました!
 記事はこちらから読めます。

 朝雲新聞社様にはデビュー作の『深山の桜』から始まり『七四』、『桜と日章』と全作品のレビューを載せていただいております。

 まことにありがとうございます!
 元自衛官として大変嬉しいです!


 自衛官という経験は私の題材的強みなのですが、同時にそれは諸刃の剣です。
 特に自衛隊ミステリーでデビューしたので、自衛隊しか書けないのか、と思われてしまうことに対して危機感を持っています。

 そういう意味で『赤い白球』は、軍事という隣接的強みを活かしながらの新ジャンルへの挑戦でした。


 来年初頭にはさくら市で連載した『嶋子とさくらの姫』も大幅に改稿して刊行予定です。
 こちらは戦国時代の二人の姫の物語という、またまた違うジャンルへの挑戦です。

 もちろん自衛隊を書けるという強みを活かすべく、自衛隊ミステリーは並行して執筆しておりますよ。

 目標とする作家は浅田次郎さん(自衛隊の先輩作家)です!

2019年8月11日  山の日 上を向いて


 今日は山の日ですね。昨年公開した「#記念日にショートショートを」SS0012「上を向いて」を再度アップします。

 さくら市三姉弟シリーズの第二弾です。
 横暴な姉に悩まされている長男の仕返しの物語(笑)!
 読書メーターにも登録済みです。
 よろしければご感想や拡散を!


 上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように

 BGMは坂本九さんの「上を向いて歩こう」で……。
 御巣鷹の尾根に眠る方にも、辛く哀しいことに堪えている方にも、あふれんばかりの幸せが訪れますように……!

 幸せは雲の上に
 幸せは空の上に
 上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように


 さくら市三姉弟シリーズの「#記念日にショートショートを」は下記のとおりです。

 海の日     SS0011「満艦飾」
 山の日     SS0012「上を向いて」
 きつねの嫁入り SS0017「母の着物」
 文化の日    SS0019「青い空」

 今までのSSはこちらににまとめております。
 よろしければお楽しみください!

2019年8月15日  終戦の日よ、永遠に


 終戦の日の「#記念日にショートショートを」SS0013「せっかちな夫」を、慰霊の願いを込めて再公開いたします。

 毎年8/15には多くのことを想います……。

 本作品は『赤い白球』のスピンオフ掌編でもあります。
 気に入っていただけたのなら甲子園と特攻がテーマの『赤い白球』もぜひ読んでみてください!

 八月十五日は『赤い白球』においても重要な日時です。
 現代編は去年の甲子園、8/15の正午のサイレンから始まります。
 過去編でも8/15の出来事は何度も出てきます。最後の重要な場面も8/15日です。

 戦争を知らない世代が戦争を書く意味と意義を、悩み苦しみながら綴りました。
 ぜひ『赤い白球』にてお確かめください!


 八月十五日を迎えて願うことは、毎年ただ一つ。

「永遠に終戦の日が今日であってほしい」

 戦争という絶対的な悲劇を繰り返さないと多くの人が願っても、残念なことに世界は争いに満ちています。

 歴史や史実を多面的に知って自分の頭で考えて行動せねばと自戒します。

 100年、200年と、とわに終戦の日が今日でありますように!

2019年8月19日  『赤い白球』書評 ランティエ


 角川春樹事務所のPR誌「ランティエ」9月号の書評コーナーにて『赤い白球』を、細谷正充さんに紹介していただいております!
 現物を確認してから報告しようと思っておりましたが、手に入りませんでした(泣)……。

 細谷さんには小説推理8月号でもレビュー(下記)をいただいております。
 ありがとうございます!

 ※こちらで読めます(2019/9/3追記)。

2019年8月23日  夏の終わりの花火


 近くの公園から夏祭りの花火の音が聞こえてきます。
 夏の終わりを感じて何だかしんみりです……。

 月末締め切りの『嶋子とさくらの姫』(仮)の改稿作業の真っただ中で、頭の中は北朝鮮テロリストから戦国時代の姫に切り替わっているのですが、花火の音で新しいアイデアをひらめきました!

 花火万歳!

2019年8月24日  Twitter登録5周年


 MyTwitterAnniversary! Twitter登録5周年とのことです。

 思えば数日後に行われる『このミス』大賞の最終選考会に備えて、取りあえず登録したのでした。

 まだ作家でもなかったの頃のことです。
 1200万円を夢見ていましたが(笑)、実際には100万円になってしまいました。

 最初の呟きは、正式発表後の10/2でした。


 私はデビュー日を作家の誕生日としていますが、受賞連絡をいただいた日の感動を、生涯忘れないと思います。
 作家として生きるのを、認められた日ですからね……。

 ただ「取りあえず」なんですよね。

 作家になるよりも作家であり続けるほうが何倍も難しい、と常々思う5年目の日々です……。
 頑張らなくちゃ!


 というわけで、今月は書き下ろしの現代自衛隊ミステリー(北朝鮮テロリスト vs. 自衛官交渉人)を書き上げ、『嶋子とさくらの姫』(仮)の改稿に励んでおります。

 好評発売中の植木シリーズ3作と『赤い白球』もよろしくお願いします!

 皆様が読んでくださることによって作家として生き続けられます!

MyTwitterAnniversary

2019年8月27日  第18回『このミス』大賞の2次選考


 第18回『このミステリーがすごい!』大賞の2次選考通過作品が発表されましたね。
 今回は7編、皆様おめでとうございます!
 最終選考はだいたい今ごろなので、もう決まっているのかな?
 来年の授賞式でお目にかかれるのを楽しみにしております!

『深山の桜』はたぶんストライクゾーンぎりぎり(笑)!

2019年8月29日  いひひ


 すごくいい場面が書けて、いひひと喜んでいたら、その時その場所に相手がいなかったことに気付く(泣)……!


 くそう三成め!

2019年8月31日  アイデアの神様とテーマソング


 どうするべきかと数日間うんうんとうなっていた問題を、解決できるアイデアが振ってきた瞬間は、何事にも変えることのできない至福の時間です!

 まあ面白いかどうかは別問題なのよ(笑)!

 あと一踏ん張り、『嶋子とさくらの姫』(仮)

「DANZEN! ふたりはプリキュア」を聞きながら頑張っております!

 作品ごとにテーマソングを決めて執筆前に聞いているのですが、二人の姫が主人公の『嶋子とさくらの姫』(仮)は、以下二つです。

「DANZEN! ふたりはプリキュア」
「Let It Go」

 一緒に何度も聞いているのは、せきぐちゆきさんの「コノハナサクヤ」(YouTubeが開きます)
 心に沁みる好い歌ですよ!


 好評発売中の『赤い白球』のテーマソングは以下二つです!

「悲しくてやりきれない」(コトリンゴ バージョン) 
「栄冠は君に輝く」

 こうの史代さんの『この世界の片隅に』が大好きで大好きなので、『赤い白球』でも同じような世界を描こうと努力しました。吉永の出身地が広島なのはその影響です。

この世界の片隅に

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月