本文へスキップ

第13回『このミステリーがすごい!』大賞、優秀賞を受賞した神家正成のウェブサイトです。

各作品のおまけ掌編プレゼント中です!

サイトマップ

日々雑記BLOG

過去の日記

 新人賞を受賞してデビューした半熟作家が、本物の作家になるために悪戦苦闘する日々の呟きです。TwitterFacebookのまとめも多いです。

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年 1月2月3月4月5月6月

2020年2月の日記

02日 『さくらと扇』再校ゲラ
03日 節分
04日 文学YouTuberベル×宝島社文庫フェア2020
11日 建国記念日
16日 『さくらと扇』カバー公開!
20日 『さくらと扇』作品紹介ページ完成
24日 『さくらと扇』見本到着
25日 『さくらと扇』プロモーションページ完成
28日 『さくらと扇』本日発売です!
29日 『さくらと扇』フリーペーパー到着

2020年2月2日  『さくらと扇』再校ゲラ


 あっという間に2月になりましたね。
 今月末には私の5冊目の単著『さくらと扇』(徳間書店、単行本)が刊行されます!

 多くの方のご尽力により、書きたかった歴史時代小説をようやく出すことができます。
 感無量であります……!

 再校ゲラも終わり校了を待つのみです。素晴らしい装画を早く公開したいです。
 ご期待ください!

 関東戦国時代の二人の姫を描いた『さくらと扇』(連載時は『嶋子とさくらの姫』)は、操觚の会と栃木県さくら市のコラボ小説です。
 さくら市には喜連川藩(五千石の小藩ながら格式は十万石)という一風変わった藩がありました。
 その喜連川藩設立に重要な役割を果たしたのが、室町幕府を開いた足利尊氏の後裔である嶋子と氏姫です。

 豊臣秀吉や徳川家康、新しい権威の前に凜と立ち向かう姫の物語です。
 嶋子の夫である塩谷惟久と腹心の高塩弥右衛門、伊達政宗、石田三成、佐竹義重、甲斐姫なども登場します。

 みんな大好き常陸の不死鳥こと天庵――小田氏治も大活躍ですよ(笑)!
 天庵様がここまで登場する物語は、たぶん初めてかも!
 いつか天庵主人公の長編を書いてみたいです。

『さくらと扇』再校ゲラ

『さくらと扇』再校ゲラ

2020年2月3日  節分


 今日は節分ですね。
 昨年公開した「#記念日にショートショートを」SS0021「季節を分ける」を再アップします。
 本作は『桜と日章』(宝島社文庫)に登場するある人物のスピンオフSSとなっています。未読でも既読でも楽しめます。
 気に入っていただけたのなら拡散や、ご感想をいただけると喜びます!

2020年2月4日  文学YouTuberベル×宝島社文庫フェア2020


 文学YouTuberベル×宝島社文庫フェア2020が全国の書店で開催されています。
 フェアの20冊の中にデビュー作の『深山の桜』が入っております!

 元自衛官がリアルに描く
 海外派遣現場の事件

6:28からベルさんに『深山の桜』を紹介していただいております。

 今回だけの限定帯、私もほしいですぞ(笑)!


『深山の桜』は第13回『このミス』大賞優秀賞受賞作です。単行本の解説は杉江松恋さん、文庫の解説は大森望さんです。

 あれを見よ 深山の桜 咲きにけり 真心尽くせ 人知らずとも

 詠み人知らずの短歌から題名を付けました。

 内容は作品紹介ページで説明しています!

『深山の桜』を始め、各作品の読後に楽しめる(ネタばれを含むます)おまけ掌編を、PDFで無償提供しております!
 ほっこり、しんみり、じんわりとなる3編の掌編です。
 既に多くの方に楽しんでもらっております。

 まだの方はぜひ申し込みフォームよりお申し込みください!

2020年2月11日  建国記念日


 今日は建国記念の日ですね。昨年書いた「#記念日にショートショートを」SS0022「トンビとカラス」を再公開します。

 シブめのハードボイルドです(たぶん。笑)!

 1分で読めます。気に入っていただけたなら、ご感想や拡散をお願いします!
 読書メーターにも登録済みです。よろしければ感想を書いてください!


「#記念日にショートショートを」の全作品(現在27編)は、こちらにまとめております。

 最近は新作が少なめですが、私の作風が色濃く出ていますので、「神家正成ってどんな作品を書くの?」という方は、ぜひお試しで読んでみてください!
 各作品は数分で読めます。

 面白いと思っていただけたのなら、ぜひ長編(作品リストはこちら)も読んでみてください!

「#記念日にショートショートを」の中には、シリーズ物や、刊行作品のスピンオフSSもあります。
 短編や長編にできそうなものもあるので、出版社様、ご依頼をお待ちしております(笑)!

2020年2月16日  『さくらと扇』カバー公開!


 2/28刊行予定の『さくらと扇』ですが、カバーが公開されました!
 装画は村田涼平さん、装幀は犬田和楠さんです。

 素晴らしいカバーをありがとうございます!

 主人公の嶋子と氏姫が、作中の重要な場所にたたずんでいます。
 内容紹介は、徳間書店のサイトにてご確認ください!


 帯付きのカバーもアップします。
『さくらと扇』は操觚の会と地方自治体(栃木県さくら市)がコラボした作品です。
 多くの方のご協力で作品を書き上げることができました。

 栃木県さくら市や茨城県古河市、京都などが主な舞台です。
 地元の方はもちろん、全国の多くの方に読んでいただきたいです!

 書店様向けにPOPとしても使える、いつものフリーペーパー(A4フルカラー十字折り)を必死に作成中です。
 色紙やサイン本などのご用命と合わせて、また告知いたしますのでよろしくお願い申し上げます!

 現代ミステリーでデビューした私の、初の歴史時代小説の長編です。
 新しい神家正成を、ご期待ください!

『さくらと扇』カバー

『さくらと扇』カバー

2020年2月20日  『さくらと扇』作品紹介ページ完成


【拡散シェア希望です。全国の書店員様へ】
 28日に関東戦国時代の二人の姫の活躍を描いた『さくらと扇』(徳間書店 単行本)が刊行されます!
 フリーペーパー(まだ作成中です)や色紙などのご用命を承ります。
 お気軽にご連絡ください!

『さくらと扇』の作品紹介ページはこちらです。

 POPとしても使えるフリーペーパーは、A4両面オールカラー十字折りA6サイズです。
『さくらと扇』のものは鋭意作成中ですが、過去のものを写真にてご確認ください!

 こちらは『桜と日章』のプロモーションページです。

 色紙なども喜んで作ります。関東近郊でしたらサイン本作成にお伺いすることも可能です。
 コメントやメッセンジャーにて、ぜひお気軽にお申し込みください!

『さくらと扇』は、嶋子――栃木県(さくら市)や、氏姫――茨城県(古河市)、京などが主な舞台となっております。

 地元の姫の熱く哀しい戦を、ぜひ堪能してください!

 みんな大好き戦国最弱武将、小田氏治――天庵も大活躍します(笑)!

 プロモーションページも作成中です。随時進捗をお知らせします!

2020年2月24日  『さくらと扇』見本到着


 28日発売の『さくらと扇』の見本誌が届きました!

 見本が来ると本当に刊行されるのだなと「ほっ」とします。
 あまり部数が多くないので、予約していただけると確実に手に入ると思います。

 全国のいくつかの協力店舗様ではフリーペーパーを展開していただいたり、サイン本を作ったりする予定もありますので、また告知します!

 関東戦国時代の知られざる二人の姫の戦を描いた『さくらと扇』の作品内容は、こちらのページにてご確認ください。

 登場人物たち、物語の流れ、特殊な藩である喜連川藩と『さくらと扇』の背景について、を説明しています。

 地方自治体の栃木県さくら市と操觚の会がコラボレーションしてできた小説です。
 さくら市のウェブサイトで連載をしていた『嶋子とさくらの姫』を、大幅加筆修正して『さくらと扇』として刊行することになりました。

 フリーペーパーも何とか作り終え、今、プロモーションページを作成中です。

 販売促進として使えるフリーペーパー(A4両面オールカラー十字折りA6サイズ)や色紙、サインカード、サイン本などのご用命を承っています。

 フリーペーパーはこのようにPOPとしても使えますよ。

 お気軽にお声掛けください!

『さくらと扇』見本誌

『さくらと扇』見本誌

2020年2月25日  『さくらと扇』プロモーションページ完成


 28日発売の『さくらと扇』(徳間書店)のプロモーションページを作成しました!

 販売促進として使えるフリーペーパーや色紙、サインカードの紹介をしております。
 フリーペーパーは大量に印刷発注をしております。余ると困るので(笑)、どうぞお気軽にお申し込みください!

 三連休で何とかフリーペーパーを完成させました!
 イラストレーターなどを使い、コツコツと自分で作成しております。

 A4サイズの両面フルカラー印刷で、十字折りにしたA6(文庫)サイズです。
 毎回悩む裏面は今回、『さくらと扇』の各章からこれはと思う文章を抜粋しております。読んでみてください!

 秀吉、家康など、迫りくる新しい権威の前に、ふるさとや愛する人を護り通した女子(おなご)の戦と、それを支えた男たちの、熱くて哀しい物語!

『さくらと扇』の作品紹介ページでは、登場人物や物語の流れ、特殊な藩の喜連川藩の説明をしております。
 ご一読くださいませ!

『さくらと扇』フリーペーパー

『さくらと扇』フリーペーパー

2020年2月28日  『さくらと扇』本日発売です!


 関東戦国時代の知られざる二人の姫(嶋子と氏姫)の戦を描いた『さくらと扇』(徳間書店 単行本)本日発売です!

 秀吉や家康など、迫りくる新しい権威の前に、ふるさとや愛する人を護り通した女子(おなご)の戦と、それを支えた男たちの、熱くて哀しい物語!

 皆様、よろしくお願い申し上げます!

『さくらと扇』の刊行に合わせ、3/2には舞台となった栃木県さくら市と宇都宮市の書店様やさくら市役所、新聞社などを訪問します。
 夜20:30からは、FM栃木レディオベリー「せきぐちゆきの苺通り十文字」にゲスト出演いたします!

 さくら市ではトークショーの予定もあったのですが、残念なことに延期になりました……。

【全国の書店様へ】
『さくらと扇』の販促品として活用できるフリーペーパーを無償でご提供しております。
 色紙やサインカード、サイン本などもお気軽にご用命ください。

 なおサイン本のお申込みは3/1でいったん締め切ります。
 気合の入ったフリーペーパーなどは、こちらでご確認ください!


2020年2月29日  『さくらと扇』フリーペーパー到着


 今日はひたすら『さくらと扇』のプロモーション活動です。
 献本用のサイン本を作成し、書店に展開していただく色紙やサインカードなどを作っています。
 先日、柏の東急ハンズをのぞいたら、何と扇のシールがあったので活用します。
 色紙やフリーペーパーなどの展開協力書店様を継続して募集中です!

『さくらと扇』のフリーペーパーが大量に届きました。

 余ると哀しくなるので(笑)、配布にご協力してくださる書店様を引き続き募集しております!

 購入特典ではありません。購入を迷っている方向けへのフリーペーパーですので、店頭でどんどん配っていただけるとありがたいです。
 お気軽にご用命ください!

 フリーペーパー以外にも色紙、サインカードのご用命も承ります!


 説明しよう!(cv 富山敬)

 サイン本は破損品扱いになるので、書店は返品できなくなるのだ。
 そのために編み出されたのがサインカードである!

 サイン本が駄目ならサインカードを配ればいいじゃない!

 当たりのカードには、何とせりふが書いてあるのだ!


 2作目の『七四』から作り始めた手作りフリーペーパーも、今回で5つ目になりました。

 知名度の低い作家が、認知の壁を乗り越えるために悪戦苦闘しつつ試行錯誤を繰り返しております。

 ご協力いただいている書店様には本当に感謝しております。

 フリーペーパーなどの詳細はこちらでご確認ください。


『さくらと扇』サイン本

『さくらと扇』色紙

『さくらと扇』フリーペーパー

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年 1月2月3月4月5月6月