本文へスキップ

第13回『このミステリーがすごい!』大賞、優秀賞を受賞した神家正成のウェブサイトです。

各作品のおまけ掌編プレゼント中です!

サイトマップ

日々雑記BLOG

過去の日記

 新人賞を受賞してデビューした半熟新米作家が、本物の作家になるために悪戦苦闘する日々の呟きです。TwitterFacebookのまとめも多いです。

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月

2018年12月の日記

05日 小説ができること
20日 ヒャッハー
21日 先輩の背中
23日 無念
24日 クリスマスイブ
27日 『嶋子とさくらの姫』第二章「さくらの姫」
28日 年賀状
30日 クリスマスプレゼント
31日 今年もありがとうございました


2018年12月5日
  小説ができること

 柊サナカさんのこの試み、大変面白く本当に素晴らしいです!
 小説の権利を譲渡とは、優しい柊さんらしく、温かい気持ちになりました。

 現実世界では難しいことも多いですが、世の中にはまだ知られていないドラマが多々あると感じます。そんな地上の星を丹念に紡ぎあげる人になりたいと強く思います。


2018年12月20日  ヒャッハー

 原稿を書き上げ担当者さんに送り、返事を待つ間の気持ちは、毎回、何とも表現できません(作家なのに。泣)……。

 だからこそ「面白かったです!」の一言は(改稿の必要はまだありますが)、全ての苦労が吹っ飛び、ヒャッハーと叫びたくなります。

 ヒャッハー!

『深山の桜』、『七四』に続く、植木シリーズの第3作目
『桜と日章』(仮)春にはお届けできます!


2018年12月21日
  先輩の背中

 第13回『このミス』大賞の授賞式、朝までの3次会では多くの先輩が貴重な話をしてくれました。
 5年先輩の伽古屋圭市さんとは、始発電車までご一緒しました。その後も多くのことを、度々教えてくれました。

 作家の人生はままならぬものですが、先輩の背中を見ながら頑張ってゆこうと改めて思いました……!


2018年12月23日
  無念

「#記念日にショートショートを」ですが、今回のクリスマスも諸事情によりお休みいたします(泣)……。
 楽しみにしておられる皆様、まことに申し訳ございません……。

 大晦日かお正月には投稿できるよう、諸々頑張っておりますので、それまでは過去作をお楽しみください!


2018年12月24日
  クリスマスイブ

 クリスマスイブですが、締め切り間際で知命手前の既婚のおっさんには全く関係がございません(笑)。
 ああ、余裕(ヒマ)のない男っていやよね(笑)!

 ひたすら必死に関東戦国の姫の物語を書いております。
 戦国最弱大名、天庵様がいい感じに動いてくれておりますよ(笑)!


2018年12月27日
  『嶋子とさくらの姫』第二章「さくらの姫」

 操觚の会とさくら市のコラボ小説、戦国関東二人の姫の物語『嶋子とさくらの姫』第二章「さくらの姫」無料公開中です!

 今回は最後の古河公方、氏姫の物語です。独立短編なので第二章だけでも楽しめますが、序章、第一章と続けて読んでいただくとさらに面白いです!


2018年12月28日  年賀状

 年賀状がやっと書けます(笑)!

 例年にないほど慌ただしい12月でしたが、ようやっと少し落ち着きました。
 デビューしてから年賀状の推移は、
 156枚→244枚→350枚→398枚です。
 今年後半は、ほとんど引き籠もっていたので増え方が一番少なかったです……。
 多くの方に出会えたことを感謝しております!

年賀状


2018年12月30日
  クリスマスプレゼント

 年賀状を何とか書き終え(元旦に届かないかもしれません。すみません)、大掃除も何とか終わらせ、一休み……するわけにもいかず(笑)、ひたすら原稿に向かっています。

 生産性が低いことを嘆いても始まらないので、愚直にコツコツと頑張るのみです……。

 でも帰省してきた娘から、思いがけない(笑)クリスマスプレゼントをもらったので、まだまだ頑張れますよ!

 これはまあ、あれだ……。
 ため息をついて、唾を呑み込むばかりの主人公を何とかしろということです(笑)!

クリスマスプレゼント


2018年12月31日
  今年もありがとうございました

 新人賞を受賞してから、一年の振り返りを毎年呟いているのですが、5回目の今年も反省の弁を……。

 単著の新刊は今年も出せず、操觚の会のアンソロジー『幕末 暗殺!』(中央公論新社)のみでした。
 初の歴史時代小説(幕末)&短編でした。「明治の石」という孝明天皇暗殺の謎を書いております。

 4月からは、小説推理(双葉社)で初の連載&第二次世界大戦物の『白球と特攻』を無事書き終え、9月からは操觚の会と栃木県さくら市のコラボ小説、戦国関東二人の姫の物語『嶋子とさくらの姫』の連載を始めました。
 こちらで第二章まで無料公開中です。

 デビュー版元の宝島社の植木シリーズ3作目『桜と日章』(仮)も、何とか書き終えることができました。刊行は来年春の予定です。

 木下昌輝さん提案の「#記念日にショートショートを」にも参加し、19編をお届けしました。
 こちらにまとめています

 連載を始めたり、新しいジャンルに挑戦したり、多忙でしたが、単著の新刊を2年以上出せていないので悔しさの残る年でした。
 その分、来年に向けて仕込んでおります!

 既に長編2.5本分は書き終えているので、来年は何とか戦えそうです。
 インパール作戦のような無謀な挑戦が続きましたが、来年は勝負を懸け、飛躍する年としたいです!
 いや――せねばなりませぬ(笑)!

 今年も一年お世話になりました。全ての人に重版を!
 皆様よいお年をお迎えください!

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月