本文へスキップ

第13回『このミステリーがすごい!』大賞、優秀賞を受賞した神家正成のウェブサイトです。

各作品のおまけ掌編プレゼント中です!

サイトマップ

日々雑記BLOG

過去の日記

 新人賞を受賞してデビューした半熟作家が、本物の作家になるために悪戦苦闘する日々の呟きです。TwitterFacebookのまとめも多いです。

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月

2019年4月の日記

01日 嬉しいランクイン
02日 『桜と日章』出足好調です
04日 『桜と日章』朝日新聞サンヤツ広告
05日 「娘とレストランと出会い」 #記念日にショートショートを
06日 『桜と日章』初めての書評
08日 『桜と日章』おまけ掌編のご案内
10日 『桜と日章』おまけ掌編 完成!
11日 『桜と日章』テーマソング
12日 小説修行 宮部みゆきさん「だるま猫」
13日 伊東潤さん第14回読書会
14日 ブラックデー
16日 平成、わたしの一冊
17日 モンキー・パンチさんに捧ぐ
19日 朝雲新聞社様に紹介いただきました!
20日 ぼちぼち頑張っております
21日 ハッピーイースター!
22日 ダイ・ハード
23日 サン・ジョルディの日
24日 サイン会のお知らせ
26日 書き下ろし原稿
27日 『桜と日章』書評 その3
28日 アイコンをさつきバージョンへ
29日 『赤い白球』ゲラ
30日 平成から令和へ

2019年4月1日  嬉しいランクイン


 この並びのランクインはひそかに嬉しいです!
 悩んだり落ち込んだりすることも多いけど、やっぱり作品を読んでいただけるのが、一番の力になります。
 今日は朝までコースですが、頑張りますよ!

Amazonランクイン

2019年4月2日  『桜と日章』出足好調です


『桜と日章』お蔭様で出足は好調の模様です!
 皆様、本当にありがとうございます!

 POPの文言をちょっと変えました。POPは植木の、色紙は飯島の言葉です。二つとも物語に込めた想いを表している「決め言葉」です。

 今日は新宿と川崎にサイン本を作りにまいります。
 またお知らせいたします!

『桜と日章』色紙とPOP

2019年4月4日  『桜と日章』朝日新聞サンヤツ広告


 本日の朝日新聞朝刊にも『桜と日章』のサンヤツ広告を出していただきました!
 先日の読売新聞に続いて、大変ありがたいことであります。

 認知の壁に悩むへっぽこ作家にとって新聞広告は、SNSなどでは届かない多くの方に名前を知ってもらえる素晴らしい機会です。
 宝島社の期待に何としても応えたいです!

 北は北海道から南は九州まで全国41店舗様で『桜と日章』のフリーペーパーやサイン本の展開にご協力いただいております。
 最新情報は下記にまとめております。

 フリーペーパーや色紙、POPなどのご用命は引き続き承っております。

『桜と日章』朝日新聞サンヤツ広告

『桜と日章』朝日新聞サンヤツ広告

2019年4月5日  「娘とレストランと出会い」 #記念日にショートショートを


 入学式の「#記念日にショートショートを」
 SS0024「娘とレストランと出会い」を皆様へ日頃の感謝の想いを込めて公開します!
 実は『桜と日章』の前日譚となっております。

 気に入っていただけたのなら拡散や、ご感想をいただけると嬉しいです!

 読書メーターにも登録済です。よろしければご感想を!

 BGMは「部屋とYシャツと私」で(笑)。あのPV大好きです!

 この家族のその後を知りたくなったら、ぜひ『桜と日章』を読んでみてください。
『桜と日章』を未読でもこのSSは楽しめますが、読後だとまた違った味わいを感じることができると思います。

『桜と日章』の内容紹介はこちらです!


 本作は『桜と日章』のおまけ掌編に収録する予定です。
 ほかの2編を今、必死に書いております。既におまけ掌編のお申込みを多々受けており焦っております……。
 
『深山の桜』と『七四』も、読後にほろりとできるおまけ掌編をご提供しております。
 こちらからお申し込みください。

 ※クリックで高画質画像が開きます。

「娘とレストランと出会い」 #記念日にショートショートを

2019年4月6日  『桜と日章』初めての書評


 谷津矢車さんに『桜と日章』を、GetNavi webにてご紹介いただきました!
 桜をテーマにした5冊の一つとして名作と並んで選んでいただき感謝感激であります!

 こちらで読めます。

「桜の紀章の下で働く者たちの苦悩と矜持をうかがうことができる一作である」

 嬉しいお言葉、痛み入ります。
 まことにありがとうございます!


 ご紹介いただいたように自衛隊ミステリーでデビューした自分が、警察を書くというのは挑戦でした。
 自衛隊はそこに身を置いた者として現場の空気は分かるのですが、警察はまた違います。
 ただミステリー畑で生き残るためには、警察を書くのを避けては通れません。

 とにかく大量に資料を読み込みました。
 巻末の参考文献にも上げましたが、元警察官で作家の古野まほろさんの著作(『警察手帳』と『警察官白書』ともに新潮社)は、大変参考になりました。

 あと参考文献には載せませんでしたが、モーニング連載中の『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』は、毎回楽しみにしながら参考にしております。

 チャイルドシートの回のように、その現場にいた者が感じる空気のリアリティが素晴らしい!
 作者描きおろしTwitter漫画も面白いですよ(笑)!

『桜と日章』作中に間違いなどございましたら、こっそり教えてくださいね(笑)!

2019年4月8日  『桜と日章』おまけ掌編のご案内


『桜と日章』の参考文献ページに以下のような「おまけ掌編」の案内を、今回試験的に載せてみたのですが、既にかなりのお申込みをいただいており、驚くと同時に大変嬉しく思っております!

 SNS時代での新しい読者との関わりを模索する者として、これからも新しい時代の手法を試行錯誤してまいります!

 申し込んでくださった皆様、まことにありがとうございます!
 数日以内には完成してお届けできると思いますので、もうしばらくお待ちください。

 それまでは、おまけ掌編に入れる予定の1編(入学式の「#記念日にショートショートを」SS0024「娘とレストランと出会い」)をまずはお楽しみください!

『桜と日章』を読んでいなくても楽しめます。
 面白いと思ったら『桜と日章』もぜひ!

 また今回惜しくもおまけ掌編には掲載できないのですが、節分の日の「#記念日にショートショートを」SS0021「季節を分ける」は、『桜と日章』の登場人物の一人の後日譚です。

 若干のネタばれになるので名前は出せませんが、彼も好きな人物です。

 おまけ掌編は、あの人とあの人が(笑)出てきますよ!

 おまけ掌編ですが、PDFファイルでのご提供になります。

『深山の桜』と『七四』のときには、頑張って写真のような小冊子の形で作ったのですが、さすがに今回は時間がなくてできませんでした……。

 イベントのときなどは、気合いを入れて製本したのを作りたいと思っておりますよ(笑)。

2019年4月10日  『桜と日章』おまけ掌編 完成!


 好評発売中の『桜と日章』のおまけ掌編が、ようやく完成しました!

 読後に再度、物語を楽しめる以下3編を収録しております。

「娘とレストランと出会い」(既に公開済み)
「十字架の重み」
「ダイヤモンドの輝き」

 ご希望の方はこちらよりお申し込みください!

 PDFファイルでのご提供になります。

『深山の桜』と『七四』のときは、印刷して製本し、サインと手作り落款を押した小冊子の形にしました。
 購入特典として書店でも配ってもらいましたが、作るのにかなり手間暇が掛かるので、今回は断念しました(泣)。

 その代わり購入特典ではなく、自由に持ち帰ることのできるフリーペーパーを作っております。
 全国の協力店舗様で配布しておりますが、こちらからもダウンロードできます。

 おまけ掌編は『深山の桜』と『七四』のもございます。
 まだの方は、ぜひお申し込みください!

2019年4月11日  『桜と日章』テーマソング


 自衛隊対警察を描いた『桜と日章』ですが、読んだ方はもう気づいていると思いますが、『踊る大捜査線』に多大な影響を受けております。

 主人公のテーマソングから始まり、作中のせりふ、登場人物の名前や生年月日など、多々小ネタを盛り込んでおります。

 踊るが好きな方は『桜と日章』も楽しめますよ!


 私は執筆時には主人公(視点人物)のテーマソングを決めて、何度も聞いて気分を盛り上げています。

『桜と日章』では、以下の2曲でした。
 飯島義恵「Love Somebody」
 小田信治「THE GALAXY EXPRESS 999」

 プロットの時点でなるべく決めるのですが、これが決まらないと結構、執筆に苦労します(笑)。

 ちなみに
『深山の桜』
 亀尾忠二「We Are The World」
 杉村泰悌「フットルース」

『七四』
 甲斐和美「主よ、みもとに近づかん」
 坂本孝浩「同期の桜」

『白球と特攻』(仮)
「悲しくてやりきれない」「栄光は君に輝く」
 
『嶋子とさくらの姫』
「DANZEN! ふたりはプリキュア」「Let It Go」

 です(笑)!

 今取り組んでいる書き下ろし長編(自衛隊ミステリー)は、まだ決まってません(ヤバい!)!

2019年4月12日  小説修行 宮部みゆきさん「だるま猫」


 デビュー後から小説修行とタイピングの練習を兼ねて執筆前に行っている短編打ち写し、18回目は敬愛する宮部みゆきさん。
『剣が謎を斬る』(光文社文庫)から「だるま猫」

 一日2ページで進めているのでもっと早く終わるはずだったのですが(笑)、『桜と日章』の刊行などもあり、ちと遅くなりました。


「だるま猫」の簡単なデータと感想を。

 原稿用紙換算47枚
 総文字数15945(339)
 562文(12)
 214段落(4.6)
 平均文長28文字
 平均句読点間隔12文字
 文字使用率、漢字24%。カタカナ0%。
(一太郎より。括弧内は1枚あたりの数)

 断トツで圧倒的な漢字使用率の低さ!
 ほとんどの漢字を開いています。


 阿呆みたいに漢字使用率の高い(『桜と日章』は41%)私は、何とか減らそうとしているのですが、なかなか難しいです(泣)……。

 怪奇と人情ものを組み合わせた「だるま猫」大変おもしろかったです。

『剣が謎を斬る』には尊敬する先輩作家が多々載っているので、次回もここから選びたいと思います!

宮部みゆきさん「だるま猫」

短編比較

2019年4月13日  伊東潤さん第14回読書会


 土曜日は渋谷のコルクで行われた伊東潤さんの読書会に参加してきました。
 もう14回目なのですね!
 私はその内11回参加しています。

 今回は伊東さんの刊行前の作品を読んで感想を言い合うプレビュー読書会。
 作品は6月刊行予定の『家康謀殺』
 私は慶長の役を描いた「秀吉の刺客」が一番のお気に入り!

 あとぶっ飛びなのが電子書籍向けボーナストラックの「ルシファー・ストーン」(『戦国秘史』収録作)
 この伝奇テイストで1冊読んでみたいです!

 物語の面白さを12種類に分類して、伊東さん自らそれぞれの短編に当てはめた説明を聞きながら、作家として留意せねばならぬことを、もろもろと思いました。

伊東潤さん第14回読書会


 前夜寝違えた首が痛くて、集中力が今一つでしたが、楽しかったです!

 懇親会は前回に続いてコルクで和気あいあいと。
 Twitterの生中継を今回も行い、私も『桜と日章』の宣伝をさせていただきました(笑)!

 私の登場は15:20頃から、宮部みゆきさんの呪い(笑)は17:50頃から!

2019年4月14日  ブラックデー


 本日4/14は、韓国の記念日、ブラックデーです。
 昨年アップした「#記念日にショートショートを」
 SS0006「運命の白い靴下」を再度公開します!
 こちらで読めます。

 ブラックデーとは何ぞや、という方は、ぜひご一読ください!
 おもしろければ拡散してください!

 読書メーターにも登録済みです。


 ブラックデーとは、バレンタインデーやホワイトデーで恋人ができなかった独り者が、黒い服を着てチャジャンミョン(私の大好物です!)やコーヒーなどの黒い飲食物を食べ、お互いを慰め合う記念日です。

 ウェブサイトの韓国辞典で「チャジャンミョン」については書いてます。


「#記念日にショートショートを」の記念すべき第一作目は、韓国の冬季オリンピックでした。こちらで読めます。
 そこに出てきたイ兵長とキム一等兵を、再登場させております。
 また韓国ネタで彼らを書きたいのですが、時間が(笑)……!

 今までのSSは、ウェブサイトにまとめております。ぜひ!

2019年4月16日  平成、わたしの一冊


 八重洲ブックセンター八重洲本店様の「平成、わたしの一冊」に、私も参加しております!

 一緒に参加されている皆様が作品名を呟かないので、私のも現地にてコメントと一緒にお確かめください!

 まあ、写真をよく見れば雰囲気の違う本があるので、ああこれが神家だな……と、何となく分かります(笑)!

2019年4月17日  モンキー・パンチさんに捧ぐ


「寂しく……なるな」
 次元の呟きに、ルパンはタバコに火を点け、満天の星を見た。

「じゃ、行くか」
「行くって、どこにだよ、ルパン」
「人は必ず……死ぬ。だが、俺たちは死なない」
 夜風が二人の頬をなでる。

「そうだな。待っている奴らがいる……もんな」
「いっちょパァーッとやるか、次元」

ルパン三世

2019年4月19日  朝雲新聞社様に紹介いただきました!


 少し前ですが、自衛隊の機関誌ともいえる朝雲新聞社様に『桜と日章』をご紹介いただきました!
 いつも取り上げていただき大変感謝しております。
 記事はこちらです。

 今回は自衛隊のみならず半分は警察の話です。それぞれの組織に生きる人を丁寧に描く努力をしました。
 警察小説好きの方も、ぜひ読んでみてください!


 自衛隊と警察は似たような組織ですが、違いも多いです。
 警察を書くというのは作家として一つの挑戦でした。リアリティには徹底的にこだわりたいので、数多くの書籍を読み込みました。
 まだ至らない点もあると思いますが、警察ものも書けるという自信はつきました。

 間違いがあれば、こっそり教えてください(笑)!


 作家としての題材的強みを意識すれば、自衛隊ものだけを書けばいいのですが、それだけだと飽きられる可能性が……。

 何よりもいろいろな物語を書いてみたいのです!
 6月中旬には第二次世界大戦ものを刊行します。大好きな歴史時代小説も書きました。

 作家生活4年目の今年、新しいステージに挑戦です!

2019年4月20日  ぼちぼち頑張っております


『桜と日章』刊行から3週間が過ぎました。
 多くの感想をいただき、面白かったの声に、ほっとしております……。

 最近は書き下ろしの原稿(米子空港を占拠したテロリストと交渉する自衛官の話)を必死に書いたり、旧陸軍の階級章や戦前の地図を作ったり、新作のプロットに悪戦苦闘したりしております!

帝国陸軍階級表

『赤い白球』地図


 文芸、中でも文庫の世界は、日々大量の新刊が発売されます。
 書店のスペースには限りがありますので、面陳や平台に置かれていた作品も、話題にならない限り、いずれは棚差しや返品されることになります……。

 本との出会いはまさしく一期一会、手に取っていただいた皆様には本当に感謝申し上げます!


 売り上げという数字が明確に出るので、ひよっこ作家にとっては一作一作が勝負の場です。

 認知の壁を乗り越えるためには、ある程度の量産性が求められますが、いかんせん筆が遅いので(泣)……。

 幸い次回作『白球と特攻』(仮。双葉社)は6月中旬には出ます。
 あと数作、年内にお届けしたいですね!

2019年4月21日  ハッピーイースター!


 ハッピーイースター!
 ということでアイコンをイースターバージョンに変更しました。
 イースターはうさぎを愛でる日らしいですよ(笑)。

 うさ! うさ!

 去年はイースターとエイプリルフールがくしくも同じ日でした。

「#記念日にショートショートを」SS0005「嘘つき男」はイースターの出来事です!
 お気に入りの一作です。いつか短編か長編で書きたいです。

イースターバージョン

2019年4月22日  ダイ・ハード


 少年工科学校の大先輩の小川和久さんから『アメリカ式 銃撃テロ対策ハンドブック』(小川和久・西恭之、訳。近代消防社)をご恵贈いただきました。
 銃撃テロに特化したマニュアルの翻訳です。

 今、テロリストの物語を書いていますので、大変参考になりそうです!
 小川先輩、ありがとうございました!

 これでビルや空港などで事件に巻き込まれてもダイ・ハードできます(笑)!

『アメリカ式 銃撃テロ対策ハンドブック』

2019年4月23日  サン・ジョルディの日


 今日は本を贈り合うという素晴らしい記念日、サン・ジョルディの日です。
 皆さん、本屋さんに出掛けてみませんか?
 
「#記念日にショートショートを」SS0007「ある男の贈り物」を再公開します。
 読書メーターにも登録しています。

 面白いと思っていただけたら、あなたの好きな本を大切な人に贈ってみませんか?


「#記念日にショートショートを」には、内容が少し関連したミニシリーズのような作品があります。

 SS0007「ある男の贈り物」は以下の作品とつながっています。
 よろしければ、まだの方はこちらも読んでみてください!
 
 SS0005「嘘つき男」エイプリルフール
 SS0020「哀しみの序章」成人の日

2019年4月24日  サイン会のお知らせ


 令和を迎える来月5/19(日)、地元の柏のくまざわ書店柏高島屋ステーションモール店にて合同サイン会が開かれます。
 参加作家は、岡崎琢磨さん、坂井希久子さん、佐藤青南さん、葉真中顕さん、谷津矢車さんと私の6人です。

 新しき年の地元でのサイン会、気合いを入れた特典を用意する予定です(笑)!

 ちなみに私の対象商品は、『深山の桜』、『七四』、『桜と日章』(すべて宝島社文庫)です。
 全ての作品に植木礼三郎というちょっと変わった(笑)自衛官が出てくる、通称植木シリーズです。
 それぞれが独立した物語なので、どれから読んでも楽しめますが、時系列的には、『深山の桜』→『七四』→『桜と日章』、となっています。

2019年4月26日  書き下ろし原稿


 今、書き下ろしの原稿をせっせと書いているのですが、今回かなりの多視点です。
 北朝鮮のテロリスト視点があるのですが、書いていてなぜか大変楽しいです。
 視点人物を書いているときは、なりきっているので、「飽食の国家め」とか、「貴国は甘い。これは戦争なのだよ」とか呟いています(笑)。

『深山の桜』『七四』『桜と日章』は、植木シリーズで同じ宝島社からの刊行なので、構成や文体などは、できるだけそろえています。
 全部、十章仕立て(+序章と終章。章題も漢字二文字)で基本の視点人物は二人と、統一感を意識しています。

『桜と日章』目次

『深山の桜』『七四』目次


 今回は他社で別シリーズなので、新しい構成に果敢に挑戦しております。
 実に面白い!


 明日から大型連休ですが娘も帰ってくる予定はないので(泣)、たまっている依頼を進めるチャンス、ということで引きこもってひたすら仕事&仕事です。

 5年前『このミス』大賞の応募原稿を必死に書いていた頃を思い出しますね……。

 来週には『白球と特攻』(仮)のゲラも来るので、気合いを入れねば!

2019年4月27日  『桜と日章』書評 その3


 気付くのが遅くなってしまったのですが、4/6に毎日新聞「エンタメ小説 今月の推し!」で西上心太様に『桜と日章』をご紹介いただきました!
「異色の警察もの」とご高評いただき嬉しく思います。
まことにありがとうございました!

『桜と日章』書評


 一緒に紹介されている大塚已愛さんの『鬼憑き十兵衛』も面白そうです!


 私は創作過程で物語の世界に深く入り込んでしまうので、客観的に自分の小説を見ることができません。

 だからこそ書評をいただくと、最低限の基準は何とか超えているのだなと、心から「ほっ」とします。

 文庫の場合、単行本と比べて書評をいただく機会が特に少ないので、本当にありがたく嬉しいです!

『桜と日章』は、谷津矢車さんに「桜」をテーマにした5冊の中でも取り上げていただきました。感謝であります。記事はこちらです。

 読書メーターなどの感想も日々ありがたく読んでおります。
 まあ説明が多いと言われるのはご愛嬌(笑)。

 皆様のご感想は励みになっております。
 ありがとうございます!

2019年4月28日  アイコンをさつきバージョンへ


 東方教会での復活祭も終わったので、二日早いですがアイコンをさつきバージョンに変更しました。

 娘を授かった5月は、一年の中でも特別に好きな月です。

 そういえば「皐月の風」で始まり「皐月の空」で終わる歴史時代小説があるらしいですよ。
 よろしければ5月の読書にいかがでしょうか(笑)!

 

さつきバージョン

2019年4月29日  『赤い白球』ゲラ

『赤い白球』ゲラ


『白球と特攻』改め『赤い白球』のゲラが来ました!
 ゴールデンウィークは、戦前の世界にどっぷりと浸かります。

 タイトルに色の入る作品は売れると聞いています。今回、二つも入っております(笑)!

 戦前外地の甲子園と朝鮮人特攻隊を主題に、国境を越える熱い友情を描く『赤い白球』は、6月中旬、双葉社から単行本で刊行予定です!

『赤い白球』はさまざまな意味で、私の転換点の作品となります。

 まずはデビュー版元の宝島社以外から初めて出す長編です。他社デビューは、依頼がないとできません。新人作家の大きなハードルの一つです。

 また初の連載作品(小説推理)でした。ちょうど一年前から悪戦苦闘しながら何とか書き上げました。

 そして自衛隊以外のジャンルへ初めて挑戦した長編です(短編は『幕末 暗殺!』があります)。大量の資料と格闘して紡ぎあげました。


 恐らく私の今後の作家人生を占う作品になると感じています。

 レイテ島で戦死した祖父への想いを込め、愚直に書き上げました。

 渾身の直球で勝負しています。さらに磨き上げ、お届けします!
 しばしお待ちください!

祖父に捧ぐ

2019年4月30日  平成から令和へ


 昭和から平成に変わるとき、私は19歳の自衛官でした。駐屯地の半旗をぼんやりと眺めていました。
 
 平成から令和に変わるとき、物語を綴る者となっているなど想像すらできませんでした。
 
 妻と出会い、娘を授かり、作家デビューした平成……人生は不思議です。
 
 令和も素晴らしい時代になる気がします!

2014年 10月11月12月
2015年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2019年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月